MENU

Mural for office lounge 壁画 @(株)名阪急配様ラウンジ

15
0

クライアント様のご要望でイタリア要素を入れようと言うことになり、周囲の素材や空間のコンセプト諸々を考えた結果「ルネサンス期の彫刻+現代的でグラフィカルな要素」という構成に落ち着きました。
建具は窓ガラス手前に配置されたスライド式のパネルになっており、表面には壁紙が貼られていました。
この紙が和紙のような滲み方をしてくれたので、水墨でダビデを描きました。
水墨とルネサンスはミスマッチのようにも思えますが、手では描けない自然な滲みの模様を質感のアクセントとして空間に取り入れたかったのです。
そこに金箔やフラットなアクリルの色面など様々な質感を、抑えた色味の中に落とし込んでいます。

This is the window panel which I’d been working in my atelier .
Natural breeding of Sumi ink ,flat surface of painted background,and (Synthetic) gold foil , several textures are juxtaposed in small range of color.